Question: 日本における肺がん高いですか?

肺がんは、過去数十年にわたり発症率が増加し、世界中の主要な健康問題でありました。 1は、2では日本、同様の増加傾向のために、3肺癌は、それぞれ、現在、第二、第四、男性と女性のがんの中で最も一般的なタイプです。

ない日本は?

肺がんの高い率を持っている

日本で最も高い癌の何種類?

日本で最も一般的に発生する癌は、それらの胸に配置され、大腸(大腸)、前立腺、胃や肺(図1を参照)。これらの5つの癌は、

最高の癌率が100,000人当たり579.9人の男性で、オーストラリアで発見されました。.. ?

100,0001Australia579.92New Zealand526.03Ireland430.84Hungary427.146あたりmen.RankCountryAge-標準化率の..Cancer率以上の行

日本におけるがんの多くはありますか?

< Z> 2014年に日本の総癌の発生には影響501527人の男性と女性365881(表3)(6)と、867408(C00-C96)であると推定されました。男性と女性のための年齢標準化発生率(世界人口)はそれぞれ303.1及び224.8 / 100,000でした。

最低の癌率がどの国?

シリアあたり85例、世界で最も低い癌率を持っています10万人。ブータン、アルジェリア、ネパール、オマーンが100を下回るレートで続く

Say hello

Find us at the office

Ribley- Reamer street no. 19, 54700 Hanoi, Vietnam

Give us a ring

Chellsea Broadbridge
+65 905 201 343
Mon - Fri, 10:00-20:00

Reach out