Question: 日本はどのように死を見ていますか?

死に対する伝統的な日本の態度は、来世への信念を含む。日本文化の歴史を通して、人々は伝統的に死んだとき、彼らの魂は死者の土地に住んでいると信じていました。 ...彼らは幽霊や精神として見えることができます。

日本人は何が死を信じていますか?

一般的に言って、日本人は死後の人生の存在を信じています。彼らのほとんどは死後に別の人生があると考えています。四肢や目のような体の部分を紛失した場合、死亡者は別の世界で厳しい時間を過ごすのは、死亡者にとっては自然です。

日本の尊敬がどのように尊重されていますか?

日本のほとんどの体は火葬されています。その残りは墓、または家の神社に行きます。最近では、海や山の上に広がっています。体が燃やされた後、家族は儀式と骨を1つの家族から別の家族に骨を渡して灰と骨を骨にしています。

日本は天国を持っていますか?

天国と地獄はどんな宗教でも一般的です。 ...神道は日本の宗教宗教です。それが始まったときに正確な日付はありませんが、それは経時的に発生した一連の信念として、組織的な方法で見られます。神先哲学の主な原因の1つは「kojiki」と呼ばれる本です。

Say hello

Find us at the office

Ribley- Reamer street no. 19, 54700 Hanoi, Vietnam

Give us a ring

Chellsea Broadbridge
+65 905 201 343
Mon - Fri, 10:00-20:00

Reach out